ウーマン

ワークフローが運命の分かれ道|企業の命綱

公務員の給与

社内

公務員は公共の利益のために日々働いています。人事評価による人事給与の反映は誰もが平等にかつ適正に反映されなければなりません。そのことで職場の雰囲気が悪くなったら意味がありません。人事給与の導入で職場に活気があふれればとてもよいです。

詳細を読む

手続きを早くする

オフィス

書類を電子化

日本では、契約書などに印鑑を使う習慣があります。それ以外にも、自分自身の署名などに印鑑を押すことがあります。これにより確実に承認ができる仕組みがありましたが、この仕組みにより手続きが遅くなることがありました。ワークフローシステムでは、書類の電子化、ネットワーク化が進められます。これまで印刷した書類に印鑑を押して行ていた承認を、印刷をせずにネットワーク上でやり取りをします。そして電子的に承認をして、次の段階に進めるようにします。ワークフローシステムを利用すると、承認のストップが少なくなります。書類だと、その場にいないと承認ができません。ネットワークから利用できれば、外出先からでも承認作業が行えます。

申請の定型化

社内で申請を行うとき、そのたびごとに書類を作成して、それに対する承認をもらう場合があります。書類がばらばらだと、必要事項が記載されていない場合が出てきます。後で見た時に困る場合もあるでしょう。ワークフローシステムを導入することで、申請のフォームを統一することができます。ですから、必要事項が抜けているなどの問題が無くなります。必要な項目は、それぞれの組織でカスタマイズすればよいでしょう。社内共通で使う場合、組織内でのみ使う場合などで変更しておけば、無駄をなくすことができます。ワークフローシステムで定型化しておけば、同じ申請が複数行われたとき、新しいものか旧いものかがわかりやすくなります。紙の書類のような混乱が少なくなります。

プロに任せて経費削減

男の人

人件費からシステム導入やメンテナンス、そのほかにもたくさんの費用が必要な給与計算は、給与計算アウトソーシングにすることで大幅なコストダウンが可能になります。給与計算の仕事に就かなくて済むようになった社員は、その分、他の仕事に取り組めます。

詳細を読む

働く人の情報を管理する

オフィス

人事管理システムは職場で働く人の名前等の個人的な情報は勿論の事、スキルや研修について等も全て管理する事が出来るシステムとなっています。またただ単に情報を管理するだけでなく、そこから傾向と対策を考えてより効率的に仕事を進めて行く為のプランに利用する事が出来るシステムです。

詳細を読む