公務員の給与|ワークフローが運命の分かれ道|企業の命綱
男の人

ワークフローが運命の分かれ道|企業の命綱

公務員の給与

社内

公務員の人事給与は法律や条例で決まっています。地方公務員を例に挙げると給与形態は何級何号という形で決められています。今までは年功序列の賃金形態が普通だったため勤続年数がそのまま給与になっていました。毎年1月になると昇給します。普通に勤務していれば誰でも一定の昇級があり場合によって2段階昇級したりすることもあります。ある一定の年齢になるとあります。また主任や主査等昇格すると4月に昇級します。近年人事評価制度の導入に伴い人事給与のあり方も変化しています。毎年自分の仕事について目標を立て上司と面談し年末にどのくらい達成したか自己評価と上司評価を行い人事担当に提出します。その内容を見て人事給与に反映されます。

公務員にも様々な職場があります。そしていろいろな仕事があります。仕事によっては目標を立てにくいもの、何をもって達成できたか判断できないものがあります。例えば給付金や補助金を出す部署にいる人はたくさん給付金を出せば評価につながるのか、逆に厳正な判断をして給付金のなるべく出さないほうがいい評価につながるのか、担当者は判断に困ります。また目標など立てるときに自分ができる簡単な仕事だけを行うことがいいのか、チャレンジして難しい仕事にも挑戦してみるのがいいのか迷います。失敗すれば評価に影響が出ると考え難しい仕考え事をやる人は減るかもしれません。人事評価制度の人事給与の反映はまず誰もが平等に評価される仕組みをつくらないといけません。同じ職場で同じ時間働いている仲間に優劣をつけたりして職場の雰囲気が悪くなったら元もありません。そのため、有効的なシステムを導入するなどして人事給与を効率化することが大切です。