プロに任せて経費削減|ワークフローが運命の分かれ道|企業の命綱
男の人

ワークフローが運命の分かれ道|企業の命綱

プロに任せて経費削減

男の人

外部受託という選択肢

会社の中ではさまざまな業務が日々行われていますが、どうしても社内で行わなければならないものもあれば、社外へ外部受託することが可能なものもあります。社内で行うとなれば、人員が必要になるために人件費が発生しますが、これを仮に外部受託でやってもらった方が人件費よりも安くつくとなれば、企業としてはできるものはどんどん外部へ受託しようという流れになってきます。実際のところ、給与計算のように毎月行う必要があり、なおかつ時間と手間がかかるものはノウハウを持ったプロに任せた方が効率がよく、経費を抑えることにもつながるとして、給与計算アウトソーシングが進んでいます。給与計算アウトソーシングがもたらすコストダウンは、企業にとって大きなメリットがあるからです。

人件費だけじゃない

給与計算を社外で行うようになれば、これまで担当していた人がいらなくなることから、人件費の削減ができるというのは誰もが考えつきます。けれど、メリットはそれだけではありません。給与計算をするためのシステムの導入から、機器の維持及び管理のためのメンテナンス費用なども給与計算アウトソーシングにすることでいらなくなりますので、さらなるコストダウンが可能になります。労務関連の法規は目まぐるしく変わるため、社内で給与計算を行うには常に社員が対応できるように教育しないといけませんが、それも給与計算アウトソーシングで必要なくなります。社内に給与計算に直接携わる担当者はいなくなり、給与計算アウトソーシング先と連携をとる担当者だけで済みますので、何かの業務の傍らでできるようになるでしょう。